Jinbeiのシャム便り

タイ在住の年金暮らしの専業主夫のジジイで、タイ生活/日記一般を綴っていきます。

ウォーキングを始めて早10日。

ミヤさんにどう言われようが娘に何と思われようが、経緯はどうであれ健康のために、

以前と同じように歩こうと決めて歩き始めたのだが、凡そ1年も机に嚙り付いていた

せいか、中々以前と同じような感じで歩けなく、もうほぼ10日も経つのに歩き始めて

5分もすると脛が疲れてくる。こんなヤワじゃなかった筈だがと思ったところで、実際

鈍った体は正直なもので、実際に歩いた距離と時間を見てみると、以前のペースとは

比べるまでもなく自分で嫌になってしまう。そうは言っても折角やり始めたのだから、

最低でも次回検診に行くまでは続けなければと、自分に言い聞かせてやっている。

やっぱり普段の日は、ジョギングしている人はいないが土日になると、健康を意識して

いる人はいるようである。 このムーバーンの中でジョギングしようとしているのは、

やはり平坦であり走り易いからであろうが、実際にここから出て歩いた私に言わせると

ムーバーンの中の方が、空気が清々しいくていい。屋台が出ているところやタラートの

空き地近くはすえた匂いと言うか、腐った匂いと言うか空気が臭いのである。その点

ムーバーンの中は気持ちがいい。

土日だからか先ほどジョギングをしている人のことを書いたが、それ以外に私と同様

ウォーキングしている人も3人見掛けた。そればかりか、サーンプㇻプームを掃除して

線香を焚いてお参りしている人もいたが、まあタイ人は信心深い人が多いから別に

不思議ではないけれど・・・。

ところでこのサーンプㇻプームの所を経由するようになって気が付いたのだが、どうも

昔見ていた景色と違うと思っていたが、ある時その景色の違いが何なのか気が付いた。

下の写真が今の状態で、ヤームの所を左折して西を見た景色で、このムーバーンの

向こう側に、塀越しに建物の上部が見える。

以前は何だったのか考えてみたら、何かの看板があったような気がして、以前の記事を

ひっくり返して写真を見付けようとしたがそれが出てこなくて、仕方ないからその記事

から写真を借用したが、隣にできるムーバーンの宣伝の看板だった。(J-Parkにも

近いし、EECのHi-Speed Trainにも近いみたいな宣伝なのか=シラチャ駅?)

※関連記事 ナムジャイブログ シャム湾の風に吹かれて

 「隣の空き地にムーバーン建設か?」

http://njin0426mh.namjai.cc/e261990.html

ところで、看板はどうでもいいのだが、こんなに目と鼻の先にあんな建物が立っていた

のに知らなかったというのは何とも間が抜けて話である。間が抜けていると言えばそれ

までだが、そういうことよりも周囲に気を付けなくなってしまっていたという方が、

妥当な言い方かもしれない。それはともかく一旦コースに戻り、もう一度ヤームまで

戻ってきた時に、そのままムーバーンを出て隣の敷地まで見に行ったのだが、それが

こちらであり、雰囲気としてはそんなに以前からでもない感じで、今まさにセールの

最中のような呼び込みの最中と言う感じだった。

思わぬ寄り道をしてしまったが、寄り道などしたおかげで余計な時間も使ったが、

距離は稼いだがそれでも家に戻るころには汗ばんできて、時間もほぼ1時間くらい歩い

ただろうか。結局ちょっと寄り道したもののムーバーンを4周し+アルファで、1時間で

4Km一寸歩いた。以前だったら1時間だから6Km歩いていたのだが、もう一寸気を

入れて歩こうと思うが、もうじき3月だから暑季はそこまで来ているのだろう。シャツ

が汗ばんできているので、家に戻って一休みしたらすぐにシャワーである。

ウォーキングを始めてもう5日。

血圧の検査に行って、糖尿病予備軍みたいな扱いをされ、一念発起したもののパソコン

相手の日常から抜け出すには、体が鈍ってしまっているし硬直しているため、以前の

ようにさっさと歩くことが辛くなってしまって、中々調子が上がらず重い体を引き

ずって帰宅する始末である。最初の日がミニマートまで歩いて帰宅し3kmだったが、

3日目はちょっと距離を伸ばしてバンコックバンクまで歩いて引き返し、携帯の歩行

記録を見たら3,8kmとなっていた。バンコクバンクのちょっと手前にサービス

アパートがあり、その前に小さな遊園地が左手にあって一休みしようかとも思ったが、

そんなことしていたら飲み物も欲しくなりそうで早々にU-ターンである。

ちょっと距離を伸ばしただけだが、普段運動しないで机に嚙り付いている身には、高々

15~7分歩いたくらいでも、脛の筋肉が痛くなってくるから情けない。下の写真は

帰りの道すがら気が付いたのだが、我が家の近くの商店の店先に植えられていた植木

だが、柘植の仲間みたいな感じだが、手入れはこまめにしているようで、幹も立派だが

各々の枝も太くてしっかりしており、日本の盆栽の作り方とは大きく異なるが、こう

やって店先に植えられている感じは結構存在感があるなあなんて感心したが、私は

やっぱり形が自然であるから、盆栽の作りの方が好きである。

さてこの日はそのまま家に帰ったが、結局3,6Kmほどだった。さて翌日だが、ヤーム

(守衛)のところまできて、ムーバーンから外に出るのは歩き辛いし、車道に出ること

もあって危険だから、やっぱり以前のようにムーバーンの中を歩こうとコース変更する

ことに急遽変更した。写真はムーバーンのヤームのところで、向かって右が入り口で

J-Park方向で、左側が出口でシラチャ方面になる。正面は空き地だが、ここも何か

作ろうとしているようである。

こちらは我がムーバーンに入ってすぐにある、小さな公園の片隅(入り口から入って

すぐの右手)のサーンプㇻプーム(祠)である。

この小さな公園を一周して我が家の方に向かうのだが、同じムーバンの中とはいえ、

区画も異なりここのところ余り出歩いていない身だから、同じムーバーの中と言っても

売りに出されているのは知らなかったが、この家は結構大きな家である。

入り口が3か所もあり、車も3台入れるように整備されている。このお宅は私がここに

越してきたときには既にあって、100タランワーは優にあるだろうと思うが、一体

いくらぐらいで売りに出されているのだろうか。これくらい大きくて駐車場もあるし、

部屋数もあるのだから会社で買って寮として使うのも、手ではないかなんて私など

考えるのだが如何なものかなあ。さて今度は我家を左に見て西方に進み、奥にある

ムーバーンのスポーツジムの前を左に折れ、更に突き当りを左折し、Soi8をまた左折

すると私の家の方になるのだが、ここにも売り家があった。家の前に止まっている

バイクは近時の物であろう(この家に人はいないから)。この家の作りはどうも我家と

同じようである。

久し振りにムーバーンん0中を歩いたのだが、この中の外周を1周歩くとほぼ1kmると

いうのは前に車で計測しているのでわかっているので、今日は丁度4周回っているから

約4Kmだろう。しかし4キロ歩くのを1時間とは、ペースが落ちたものである。

時間はもう8時半でやけに熱くなってきているが、空はもう季節風が吹く季節ではなく

薄絹を刷いたような雲はなくなって、もうじき暑季が始まる空である。

今日は携帯の計測だと、結局1時間半歩いて4,15kmで5789歩だった、

ほぼ1年振りにウォーキングを再開

先日高血圧の定期検診に行ったのだが、肝心の血圧に関しては何ら指摘はなかったが、

思わぬことを指摘されてしまった。データ上で大きく心配することはないようだが、

今迄普通だった血糖値が少し高めに出ているから、甘いものの摂取は控えるようにとの

ことだが、帰宅後ミヤさんに確認すると糖尿病予備軍みたいな言われ方である。

まあ3月初めのWBCが始まった頃から、殆どパソコン相手に毎日ネットを見て過ごす

生活で、運動不足もいいところであり、股関節など固まってしまったようで、しゃがむ

のにも一苦労である。新年の誓いでまたウォーキングを始めようと、年明けの誓いに

書いたが、いいきっかけだからウォーキングを始めようと決めたのが19日(月曜)で、

ワザワザ健康公園まで行くには車で行かなければならず、免許証が切れている身だから

家の周囲を歩くことにした。家の周囲と言ってもムーバーン内を歩くと、見知った人と

会うと挨拶するのが面倒で、取り敢えず家の前の道路に出てJ-Park方面へ向かって歩き

出す。朝7時半というと通勤の車で一杯で、やはり交通事故には要注意。下の写真は

ミニBIGーCの前あたりである。

その向かいのGSの建設現場ももう工事は始めていたが、給油ステーションはもうできて

いたが、まだ給油口などはこれからのようだった。

しかし本当にタイの歩道って歩き難い。車は停車しているし歩道のタイルはメクレテ

いるし 、店舗の店先やテーブルなど歩道にまで出ているしで歩き難いことこの上ない。

※ 関連記事 ナムジャイブログ シャム湾の風に吹かれて

「歩行すあに厳しいタイの歩道」

http://njin0426mh.namjai.cc/e284675.html

歩き難いこともあるのだが、約1年殆ど歩くということをしていなかったから、たった

1,5Km程度しか歩いていないのに、臀部が疲れ始め脛が痛み出した。痛み出した

と書いたが疲れて痺れが出たような感覚である。歩き始めだから無理しないように、

今日の所はこの辺で止めようと、こういう時は「人に厳しく自分に優しい」所が顔を

覗かせる。もう少しでミニマートだからそこから引き返すことにしようと決めたが、

左にGSが見えるが、このGSはこれで3軒目になるのか場所が悪い訳ではないだろうが、

また経営者が変わるのか?

さて暑くなってきたし足(脛)も痛くなってきてミニマートが見えてきたから、初日は

ここまでとして引き返すことにした。

さてミニマートだが、ここは雑貨屋というか、食品から酒類・調味料・菓子など結構

な種類の品物を扱っており私もかなり利用している。距離が少なく我ながらいささか

気が引けたのだが、途中で嫌になってもモーターサイやトゥクトゥクなど簡単に捕まえ

られないから、この前で引き返した。 来るときには気が付かなかったのだが、セブン

の前に新しいコインランドリーができた。アサンプションの踏切からここまでにこれで

4軒目だろうか。タイは雨期があるからこの コインランドリーは本当に便利である。

※ 関連記事 はてなブログ Jinbeiのシャム便り

「この時期便利なランドリー」

https://ntoshi0426mh.hatenablog.com/entry/2022/02/17/201242

さてここまで来ればわふぁムーバーンもすぐそこで、ヤームを通って我が家の脇まで

来て、路面に落果しているマンゴーを数個見付けた。まだ小さいが折角結実したのが

勿体ないという気持ちが起きてくる。

見上げると沢山実を付けたマンゴーが目に入るが、花に水をやっているミヤさんに

「無意味なこと(受粉した花に水遣り)はしない方がいい」と言ってきたが、最近は

どうも私が間違っていたみたいな気がする。それはマンゴーの花房は、花が散るとそこ

から(落花した根元から)樹液が出てきて、近くの花まで落下させてしまうようで、

水で洗い流してやった方が、受粉した花は落花せず確実に結実するみたいで、今年は

ひとつの花房から結実した実が結構なっている。いつもはほぼ1個なのであるから、

今年のように一つの房に数個って初めてで、ミヤさんの水遣りなのかもしれない。

さてそんな観察をして帰宅であり、最初の一日の結果はこんな具合で距離的には僅か

だが、歳をとって動かなかった体には結構堪えたウォーキングだった。距離は3km

一寸歩いている。もう2~3日同じ距離を歩いて、その後少しづつ増やして行く積りである。

半年振りの高血圧の定期検診

私は確か40代から高血圧と言われていて、50代になりタイに赴任することになって、

会社の診療所から注意事項と大量の薬を貰ってタイに来たのだが、高血圧と言っても

自覚症状があるわけでもなく、食生活に注意する程度の軽度のものであった。

しかしそうは言ってもそういう体質だったから、タイに赴任してから暫くして台湾→

日本→中国(上海→長春)を2週間の出張があり、この時ばかりはさすがに疲れ上海の

診療所に行って診てもらい、血圧が高いと言われ薬を処方されたことがあり、それ以来

薬は欠かせなくなった。

※ 参考記事 ナムジャイブログ シャム湾の風に吹かれて

http://njin0426mh.namjai.cc/e200071.html

高血圧っていうのは、薬で安定してきたからといって止めるわけにもいかず以来ずっと

病院通いであり、会社勤めを辞めて病院もパヤタイからソムデット病院に変更したが、

検診を辞めるわけにもいかないため続けていて、昨日2月16日が半年ぶりの検診日だ。

16日は少しばかり遅めでも月曜ではないから、やたら早く行く必要はないだろうが、

タイ人はとにかく朝が早いため、早いに越したことがないので、パスポートと診察券は

一応前日から用意はしておいたのだが、当日は6時半と言っていた娘もミヤさんも、

支度が終わったのが7時ちょっと過ぎで家を出たのもその時間だった。

月曜日ではないがタラートの周辺からソムデット病院周辺は車も多く、シラチャ役場の

駐車場も満杯で、諦めて外に出ると、丁度向かいのノボテルホテルの前の駐車場が開い

ていて、そこに車を突っ込んで病院に向かったのが、7時半を回った頃である。

以前は門から入って左側の新しい大きな建屋だったが、内科のあるのは右側の旧館

だから入ってすぐの建屋の1階である。まずは血液検査をしなければならないから、

検査の順番待ちだが、結構人がいてそれでも15分くらい待っただろうか。この行列が

なかなか進まない理由は、受付が済んだ順に血液の採取を行っているためで、担当の

ナースが一人で採血しているからである。

採血が終了したら次は内科の受付だが、検査結果も待たなければならないから、受付で

聞いてもらったら順番は66番で10時くらいになるから、一旦外に出て食事してきても

いいと言われた。病院の周辺はタイ飯屋が一杯あるので食事をするのには困らない。

時間は既に8時を回っており、あさ早く起きてきたからやっぱりお腹はすいているが、

普通のタイ飯屋だから普通のしょくじで「カオカームー」を頼んだ。下の写真は我家で

ミヤさんが作ったものである。

※関連記事 はてなブログ Jinbeiのシャム便り

https://ntoshi0426mh.hatenablog.com/entry/2023/10/31/224712

8時半前には朝食も済んで何もすることはないが、とにかく内科の待合室に行って順番

を待つことにした。まあ救われるのは月曜日でないことである。とにかく月曜日は病院

銀行・イミグレなど、どこも混むからとにかく避けたい。

長らく待って10時近くなって呼ばれ病室に入るが、通訳がいるわけではなくミヤさんが

通訳であるが、全部判っていることもありいつも私が返事をするまでもなく、ミヤさん

の勝手な判断でドクターとの会話は入室の時の挨拶位である。しかし今回気になったの

はどうも血糖値がちょっと高かったようで、甘いものの摂取は控えろということと適度

の運動をするようにと言われたが、糖尿病と言う言葉がミヤさんの口から出たことが

気になったが、普段の食事で注意すること程度で、取り立てて血液検査で「要注」と

なった訳ではなさそうであった。診察が終わって会計を済ませ薬局で薬を受け取って、

病院を出たのは丁度10時半頃であった。

いつも通りの薬の処方で特に問題があるわけではないが、これ見ただけでは量が多い

から何となく薬漬けのイメージが湧いてくる。

歳をとった・・・。

この間2月に入ったと思ったらもう10日も経ってしまって、今朝はどこかで爆竹を鳴ら

していたようだが、こ こシラチャは華系タイ人が多いから春節を祝っているのだろう。

まあ我が家は中国には全く関係ないから、春節は全く関係ないのだが・・・。

下記写真は昨年の春節の時の、健康公園入口の写真。

※ 参考記事 はてなブログ Jinbeiのシャム便り

https://ntoshi0426mh.hatenablog.com/archive/2023/01/21

さて元旦に発生した能登半島地震も寒さが増す中、遅々としてなかなか進んでいな

かった復旧に向けての作業も、少しづつ片付けも進んでいるようだが、被災された方達

にも僅かづつ希望が見え始めたようで、少しでも希望の灯が見え始めたことは喜ばしい

ことである。

ところで、前回のブログ記事の投稿で、老いを感じたようなことを投稿したのだが

考えてみればあと半年もすれば76歳になるのだからジジイもいいところである。

私のブログを読んでいただいている方々には大変失礼ではあるが、男の体が老化する

身体の変化の順番を言い表している「ハメマラ」という言い方を御存知であろうか?

つまり男の体は「歯」と「目」と「性機能」の順番に、老化が進むということの表現だ

そうである。私は子供のころから歯は弱い方で、今は抜けたままの歯が4本で虫歯が

3本あり、インプラントが6本入っている状態である。虫歯があるが決して直そうなんて

気は起きない程、歯医者嫌いで痛いときは痛み止めを飲んで我慢している。

「目」の方は若い時分から良い方だったが、最近になって右目がかすんで見えるように

なり、近頃は左目もその影響が出始めているような気がする。つまり白内障なので、

昨年の運転免許証の更新を諦めたのもこれのためで、事故を起こしてからでは遅いので

更新は諦めた。下の写真は、2021年12月の右目の状態でこんな物の見え方をしている。

※ 参考記事 はてなブログ Jinbeiのシャム便りhttps://ntoshi0426mh.hatenablog.com/entry/2021/12/08/225805

次の「マラ」(性機能)に関しては歳相応であると思うが、何せミヤさんは26歳離れて

いて、まだ現役の女盛り(だと思う)だから放っておくわけにはいかないから、一応は

当たり前の夫婦生活を過ごしている。そちらについてはスイカが結構いいというのと、

「ニンニクの蜂蜜漬け」がいいらしく毎日摂取しているせいか一応元気である。

どちらかと言えば私自身の体で、若い時分から不整脈であったり高血圧だったから、

そちらの影響が心配だが、最近心配なのは前立腺肥大である。あまり極度ではないが

夜間トイレに行く回数が以前に比べて増えた気がする。他に心配することと言っても

タバコは止めているし、酒も半年前は欠かしたことがなかったが、今は月にストロング

ゼロを一缶飲むだけだから、至って健康に過ごしていると思う。健康に過ごしている

のはいいのだが、体を動かしていないため股関節や肩の関節やらが固くなってしまって

いるから、そろそろウォーキングやストレッチを始めようと考えている。

※ 参考記事 はてなブログ Jinbeiのシャム便り 25回目の免許更新を諦めた。

https://ntoshi0426mh.hatenablog.com/entry/2023/08/13/232937

毎日々少しづつ・・・いつの間に?

毎朝ミヤさんがマンゴーの花に水を掛けているのだが、いつだったか「受粉した花房に

水を掛けたって、その花を落としているようなものじゃないか」と水を差す様なことを

言ったことがあったが、結局花房から垂れ落ちる樹液で、ほとんどの花が落花して

しまい、結局結実して結果的に食べることができた果実が少なかったことがあった。

それでも私の意見は変わらないが、ミヤさんはというと相変わらず花房に水やりして

いるが、どうも私が考えていたことは間違えていたようで、乾季になって咲いた花芽が

結実したのが実を付けて、結構大きくなり始めた。下の写真で下方にある2個ついて

いる実は以前から生っていた実である。

※ 関連記事 はてなブログ Jinbeiのシャム便り

https://ntoshi0426mh.hatenablog.com/entry/2024/01/18/235110

我が家にはマンゴーは6本植えてあり6本とも品種は異なるのだが、常に実を付けてくれ

るのはその内の1本だけ なのだが、どういうわけか、一番端の樹が昨年から花を付け

始めた 。昨年は結実しなかったが、今年は花芽もたくさんつけてくれたので、この

新しいのを食べてみたいものである。

さて話は変わるが、先日ミヤさんと近くのビッグーCミニへ買い物に行った際、店の

前の空き地が工事中で、ガソリンスタンドができるらしいことを書いて投稿したが、

その後現場には鉄骨が何本か立てられて、いかにも工事が本格化し始めた感じになって来た。

先日何日振りかでまた買い物に出かけたら、今度は重機が3台も入っていて、本当に

工事が本格的になってきたようだ。これだけ鉄骨が並んでいると、スタンドのステー

ションだけでなく、もしかしたらトイレ以外にセブンやら軽食レストランなんかも

できるのかもしれない。

ところでふと思ったのだが、ようく思い出して見ると、J-Park前も以前に比べれば

大きく変わったものである。私がシラチャに来たばかりはあそこにはBSCがあって、

会社や職場のボーリング大会や家族で遊びに行ったものである。それが知らない間に

オートバックスになり、オートバックスが引っ越すと跡地にサミティベート・クリニッ

クができて、駐車場だったところにはカフェ・アマゾンなんかもできている。

やっぱりそれなりに周囲に目を向けていないと、いつの間にか置いて行かれてしまう

のだろう。下の写真はGoogleマップから借用した元BSC駐車場跡で、左端はサミティ

ベート・クリニックの看板で、中央の黒い屋根の建物はカフェ・アマゾン。

目に見えているだけでも、ふと見回せばこれだけ変わっているのだが、考えてみれば

我が身を振り返ってみても、少しづつ老いていることが実感として感じられ、何かしら

やりきれなくなる。昨年8月の誕生日でとうとう75歳を迎えてしまったのだが、あの

時点で免許更新(タイの)するかどうか随分迷ったのだが、今考えると正解だった

ような気がする。私はたぶん右目が白内障だと思うのだが、当時見るものがぼやけ始め

ていたのが、今は結構進行して左目にも影響が出始めてきた。夜間は対向車のライトの

灯りが眩しくてしょうがないのだ。日本で高齢者の事故が頻繁に起きているが、運転

できないと不便なのは分かるが、事故を起こしてからでは後の祭りで、結局自覚が

足りないために起こしたことだと思う。

危うく詐欺に・・・。

元旦に能登半島地震の話があって、やっと片付けもはかどり始めたらしいのだが、早い

ものでもう2月の声を聴いてしまった。地震にあった石川県の人たちにはまだまだ

厳しい寒さが続くだろうが、何とか踏ん張ってほしいものである。 さて 日本はオレ々

詐欺みたいなのは減ったようだが、それでも高齢者の財産を狙った、特殊詐欺グループ

の犯罪が後を絶たないようで、今日もYou Tubuのライブニュースで、どんな犯罪か知ら

ないが、カンボジア拠点の詐欺グループが捕まったというニュースが伝えられていた。

ところで、ここタイのこんな田舎町のシラチャでも詐欺事件があるらしく、最近

ミヤさんや娘から注意されていたのだが、まさか我が家が狙われるとは思ってもいな

かったが、幸いにも被害を免れてホッとしている。(下のサギには悪いのだが)

2日ばかり前のこと朝10時ちょっと前で、朝食も終わりミヤさんも私もすることがなく

二人とも携帯をのぞき込んで、各々SNSを見ながら時間を潰している時だった。

表でバイクが停まる音がしてミヤさんが出ていき、言葉を交わした後引き返してきて

「ピーノ、630B出して」と言うので細かいお金がないから、「QRでもいいだろ」と

言って携帯を渡すと、ミヤさんは携帯を持って外に出て、暫く小包配達員と何かを話し

ていたが、結局何も持たずに不機嫌な顔をして戻って来るなり、「全くもう。630B

だけど、危なかった」と言い出した。「何があったんだ」と聞くと、「危なく騙されて

詐欺に引っかかるところだった」と言う。「配達員に騙されたのか?」と聞くと、

「そうじゃなくて宛先はケン(息子)だったけど。苗字が無くなんかおかしかったので

ケンに電話したら、何も頼んだ覚えがない」と言い、念のために娘に電話して聞いたが

何も知らないというので、配達員にそう言ったら了解して「送付先に連絡する」との

ことだったということだった。(下の写真は日本の郵便局の配達員で関係ない)

630B程度の小さな小包だが、どうやら発送元の方での画策のようで、配達する側は

何も知らないようだった。ところが、こんな詐欺はまだ可愛い方であるが、実は数か月

前からミヤさんと娘から、知らない人から電話が来ても出ないようにするか、うっかり

受信してしまっても話をしないですぐ切るようにと強く釘を刺されていたのである。

どのようになっているか知らないが、うっかり受け取って何か話したおかげで、取引先

銀行口座に繋がれて、金を引き出されるということがかなり起きているのだそうだ。

銀行の口座の暗証番号など、通常の会話で話なんかしないと思うのだが、とにかく何も

話さないで切っちゃうのが賢明だと言われている。

それでも訳の分からない電話は、最近掛かってこなくなったが、去年までは月2回

くらいは訳の分からない電話が掛かって来たことがあったが、何も話さずにミヤさんか

娘と黙って変わって暫く様子を見ていると、ちょっと聞いていてそのまま黙って切って

しまうのが殆どで「悪い奴からの電話」と言っていた。まあ最近は私の知らない人間

から掛かってくることはないからいいのだが、先日のように一方的に品物を送られて

きても受け取ってしまいそうで困るが、そんな時はミヤさん任せにしようと思う。